Home>イチオシ情報>太陽光発電を導入するのにオトクな方法を知ろう

太陽光発電を導入するのにオトクな方法を知ろう

家族

太陽光発電を導入するなら補助金制度を利用しよう

太陽光発電システムの導入を検討している場合は、補助金制度が利用できるか一度チェックしてみるといいでしょう。2014年までは国から補助金が支給されていましたが、現在は支給されなくなっています。県でも補助金を設けているところもありますがすでに廃止となっているところもあるため事前にチェックが必要です。国や県で補助金が出なくても、市町村で補助金が出る場合もあります。群馬県の場合は、県からの補助金は2016年で廃止となりましたが、市町村では補助金を設けているところが多数あります。群馬県内の市町村の補助金の上限金額はだいたい5万円から10万円です。せっかくもらえるのであれば、忘れずに申請してお得に太陽光発電システムを導入しましょう。

太陽光発電で作った電気を売ろう

太陽光発電システムで作った電気は家庭内で使用するだけでなく、電力会社に売ることもできます。2018年での相場は1kWあたり18円から28円程度です。売る量によっても金額が異なり、10kWを超えて売る場合はやや金額が下がります。この金額は一定ではなく、契約の時期によって金額が異なるため注意が必要です。契約後は契約期間満了までは同じ金額で買取をしてくれます。契約期間は基本は10年、10kWを超えて販売する場合は20年です。家庭によって異なりますが、家庭で使用した分の余剰分を売るとだいたい月々1万円前後の収入となるようです。10年間で考えると120万円の収入が見込め、導入費用返済の足しにすることができます。

太陽光発電システムを住宅ローンとあわせて支払いする

太陽光発電システムを導入する際に、住宅ローンとあわせて借り入れし直す人も増えています。この場合は、もともとあった住宅ローンのお金分と太陽光発電システムの費用をあわせて借り入れをします。その後、借り入れしたお金で住宅ローンは一括返済をしてしまい、月々の返済は新しいローンの方でしていくのです。この方法のいいところは、金利の安いローンに変えられれば、住宅分の返済額が減るため、浮いた分を太陽光発電システムの導入費用に当てることができるところです。また、住宅ローンや太陽光発電システムのローンを別々に返済していくよりも、住宅に関する返済としてまとめて支払いができる方が管理しやすいというメリットもあります。

広告募集中