Home>イチオシ情報>外壁塗装の光触媒塗料はPGSホーム!タイミングと相場を知ろう

外壁塗装の光触媒塗料はPGSホーム!タイミングと相場を知ろう

外壁塗装で注目の光触媒とは

耐久年数にも安定感があり費用も手頃なシリコン塗料も人気がありますが、最近では光触媒塗料に注目が集まっています。セルフクリーニング効果がありシリコンよりも耐久性が高いのが特徴です。セルフクリーニング効果によって、太陽の光で汚れを分解し雨によってその汚れを流し落とすことができます。また、空気中の窒素酸化物や匂いを分解し清浄化します。ただし、この光触媒塗料は施工する業者の技術によって効果が大きく左右されるため光触媒塗料で外壁塗装したい場合は業者選びに注意しましょう。外壁塗装も手がけているPGSホームは、独自で塗料の検査を行い実証するなど効果的な光触媒塗装を行なう業者として有名です。

外壁塗装のタイミングと相場

外壁塗装のタイミングは、使用している塗料によって異なります。近年主流のシリコン塗料の場合は8年から15年程度、光触媒塗料の場合は15年から20年程度と言われています。だいたい10年を目安に外壁塗装を行なう家庭が多いようです。表面が粉状になるチョーキングが見られたら外壁塗装が必要なタイミングです。また、剥がれやひび割れが見られるようになると住宅の強度に関わる劣化が起きている可能背もあるため、早めに外壁塗装を行いましょう。住宅自体の耐久性は、一番耐久性の低い木材で20年程度、耐久性の高い鉄骨鉄筋コンクリートで45年程度です。しかし、これはメンテナンスを行った上での耐久性のため、今の住まいを長持ちさせるためには定期的に外壁塗装を行なうなどメンテナンスが必要となります。外壁塗装にかかる費用の相場は、シリコン塗料の場合は30坪程度の家庭で80万から100万円程度、光触媒塗料の場合は100万から130万程度が相場です。外壁塗装に加えて防水工事などが必要となることもあります。10年に1度、こうしたメンテナンス費用が発生するということを念頭に生活しておくと、急な出費で困ることも少なくなります。

広告募集中